境界性人格障害の薬の種類と効果は?薬物療法の注意点

ID-100100449

境界性人格障害の薬の種類と効果は?薬物療法の注意点

境界性人格障害(ボーダーライン)の治療では、患者さんの症状にあわせて治療薬を用いた薬物療法がおこなわれることがあります。

今回は、どんな薬が境界性人格障害の治療で使われるのか、その効果や有効性について調べてみたので書いてみたいと思います。

境界性人格障害の薬物治療の効果と有効性は?

境界性人格障害(ボーダーライン)の治療方法に、薬物療法があります。

薬物療法の効果が気になる人も多いと思いますが、薬を飲むことで境界性人格障害の危険な症状を軽減し、治療をスムーズに進めていくことができるので有効な治療方法とされています。

ただ、薬を飲んでいれば境界性人格障害が治る、完治する、というわけではなく、薬物療法とカウンセリングなど心理社会的治療とも並行して治療することで、より治療効果が高まるといわれています。

特に、うつ気分や落ち込み、イライラ、不安、死にたいと思う気持ちなどの感情的な症状は、適切な薬を飲むことでかなり改善されます。

そうすることで、境界性人格障害(ボーダーライン)の患者本人も、治療に対して積極的に取り組めることにつながり、気持ちが前向きにもなることでしょう。

強い自己否定やコンプレックス(劣等感)も癒され、自身を取り戻しやすくもなります。

▼関連記事

→境界性人格障害は被害妄想がひどい?不安が強く情緒不安定

境界性人格障害の専用の治療薬はない

ただし、今現在、境界性人格障害専用の治療薬はありません。

境界性人格障害の薬物治療でよく使われる薬には、非定型向精神薬オランザピン、気分安定薬のバルプロ酸ナトリウム、抗鬱薬のSSRIなどが代表的です。

SSRIは、イライラを強めたり、希死念慮などが逆に強くなってしまうケースもあるので、医師の注意をよく聞くようにしましょう。

また、若い女性の場合には、体重増加や生理の遅れなどの副作用があらわれることもあるので、薬の服用については担当医と相談してください。

▼関連記事

→境界性(ボーダーライン)人格障害は治る、治らない?治療期間は?

境界性人格障害の治療薬の種類

境界性人格障害の治療では、さまざまな治療薬が医師の判断のもと、患者の症状に応じて処方されることがあります。

ベンゾジアゼピン系の抗不安薬、睡眠薬など、依存性の強い治療薬の服用は注意してください。

非定型抗精神病薬や気分安定薬など、依存性の弱い薬で睡眠ができるような状態を維持する方がいいでしょう。

漢方薬とあわせて併用することで有効性が高まる場合もあります。

▼関連記事

→生きるのが辛い、苦しい、境界性人格障害の心理的特徴について

非定型向精神病薬の効果と種類

非定型抗精神病薬は、抗幻覚妄想作用が過敏性を緩和をさせる効果がある。抗うつ効果や意欲を高める効果もある。

[非定型向精神病薬の種類]
・ジプレキサ(オランザピン)
・エビリファイ(アリピプラゾール)
・リスパダール(リスペリドン)
・セロクエル(クエチアピン)

気分安定薬の効果と種類

気分安定薬は、躁鬱的な感情の波を安定かさせる効果がある。解離状態を予防する作用もある。

[気分安定薬の種類]
・テグレトール(カルバマゼピン)
・リーマス(炭酸リチウム)
・デパケン(バルプロ酸ナトリウム)

抗鬱薬(SSRI等)の効果と種類

SSRIなど抗鬱薬には、うつや不安、強迫症状を緩和させる効果がある。

[抗鬱薬(SSRI等)の種類]
・レメロン(ミルタザピン)
・リフレックス(ミルタザピン)
・ジェイゾロフト(セルトラリン)
・パキシル(パロキセチン)
・デプロメール(フルボキサミン)

▼関連記事

→うざい!妻や母親のヒステリーは病気の症状?対処法は?

→境界性(ボーダーライン)人格障害は遺伝性や親子関係が原因?

→境界性人格障害の人の対応と対処法について[家族/職場]

◆この記事は、パーソナリティ障害の臨床の第一人者であり岡田クリニック院長の岡田尊司先生執筆・監修「ササっと分かる境界性パーソナリティ障害(講談社)」の内容に基づいて、当サイト運営事務局の心理カウンセラーが記事編集をしています。

タイトルとURLをコピーしました